上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、こんばんは^^

FC2のほうはだいぶご無沙汰になっていました。
本日は東京は雪。
どこにも出かけることなく、じっくりと弄り倒せましたww


本日のネタはレギウスの割り出しです。
先日も内歯消失血統の割り出しを行いましたが、
今日は現BE-KUWA ギネス保持者”酒樽さん”にお譲り頂いた
♀の割り出しです。
なかなか温度の厳しい昨今ですが、我が家の産卵セットは
温室にはいれず、発砲スチロール箱に”ピタリ適温くん”を敷き
その上に”すのこ”、更にその上にケースを置いています。
自分の不在時は室温は結構厳しい13℃なんですがこのセット方法で十分産みます。
ちなみにモセリもこの方法です。

メソトプスの産卵セットですが
一般的に言われるのは、コバシャ中くらいのケースに、埋め込みマットを
3cmくらいつめ、その上にレイシ材や菌糸瓶を転がすのが典型ですね。
私の場合は埋め込みマットではなくミズゴケを使用します。
これはもちろん無加水で^^v。
でないとレイシ材の水分でびしょびしょになってしまいますからね^^

割り出しは穿孔を確認してから17日目と決めています。
なんで?と言われても、このくらいの期間が丁度いいんですよね。
大体は穿孔してから2週間くらいで産み終わるんですが、
すぐに割り出すと卵がまだ弱いから、+2,3日してから割り出しています。

ちなみにみなさんメソトプスでセットを組んでもなかなか穿孔しないで
悩む方もいらっしゃると思いますが、BE-KUWAの酒樽さんの記事でもあるように
ある程度経験をこなすとだいたいは見立てが出来るようになります。
その辺りのことは次回辺りに述べたいですが
私流のことですので、他の人とはちょっと違うかも知れません。


産卵床
今回の割り出しです。私はノミで割ります。このとき強くやりすぎると卵を潰します^^;
レイシ材をカパッと割ると、こんな感じで卵が見えますね。
(この写真では2個見えますがわかりますか?)





結果結局今回の産卵数は9個+1個潰しだったんですが、レギはタラほどいっぺんには産みません><。今回位とれれば御の字ですね。また卵管理もみなさん悩みの種だったりしますが
それほど卵が弱くないので、湿気のある、ティッシュや、レイシ材の割り粕、マット、カワラ菌糸粕、ミズゴケなど、自由に管理出来ると思います。




卵を採られたレギ♀は悲しそうです。。。w

悲しい。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。